2008年06月20日

国産グッピー外国産グッピー

国産グッピーは、外国産グッピーに比べ病気を持っていることが少ないです。

軽度の病気では熱帯魚がよくかかる事で有名な白点病があります。
重度の病気には、エロモナス病やグッピーエイズと呼ばれるものがあり、購入後に間もなくして死んでしまう事があります。

外国産グッピーや混血ぐっぴーには、グッピーエイズにかかっている魚体がいます。

国産グッピーは、日本の水を飼育水としており、きちんとした方法で育てれば水に慣れているため体調を崩しにくく病気をしにくいです。
水槽の水に慣れて飼いやすいと言えます。

国産グッピーは数百円から千円以上で熱帯魚店やネット通販などで販売されており、値段も高価になります。

外国産グッピーは、雄雌(オスメス)のペアで数百円くらいの安い値段で、熱帯魚ショップや通販で販売されています。

繁殖によって、自分だけの体色のカラー模様のグッピーを作るのも奥深く楽しいものです。
posted by 熱帯魚グッピー at 02:31 | 国産グッピー外国産グッピー | 更新情報をチェックする
  若ハゲ・若ハゲ発毛剤 私も発毛しました。お勧めです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。