2008年06月16日

稚魚

グッピー稚魚は、親魚から産卵ではなくそのままの形で出てきます。

繁殖行動をした親魚からグッピー稚魚が産まれるのは、一ヶ月ほどの期間が経った後です。

グッピー稚魚の飼育方法を説明します。

グッピーの稚魚は親魚と一緒では食べられてしまうので、産卵ケースや別水槽に隔離します。
もし一緒の水槽にする場合は、グッピー稚魚の隠れ家となるようたくさんの水草を植えてください。

餌(エサ)は、小さな稚魚用のえさを食べます。

グッピー稚魚の飼い方で注意する事。
ろ過機の吸い込み口から、グッピーの稚魚が吸い込まれないように注意して下さい。
posted by 熱帯魚グッピー at 12:19 | 稚魚 | 更新情報をチェックする
  若ハゲ・若ハゲ発毛剤 私も発毛しました。お勧めです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。