2008年08月29日

ヒーター

ヒーターは、グッピーなどの熱帯魚飼育にとって必要な水槽用具です。

熱帯魚ショップでは、26度設定のオートヒーターが値段が安いです。
しかし、グッピーが白点病などの病気になった時には、29度に設定できないので、病気治療の時にオートヒーターは役に立ちません。

熱帯魚飼育をする上では、ダイヤル式のヒーターが良いです。
普段は26〜27度に設定しておき、グッピーや熱帯魚が病気になった時に、ゆっくりと時間をかけて温度を少しずつあげていき、29度に設定していきます。

グッピーを飼育する上でヒーターは必ず必要となってきますので、
熱帯魚店であらかじめ買って設置しておきましょう。

夏が終わる頃に気温とともに、急に水槽の水温ががくんと下がってしまう時があります。
そのような場合でも、あらかじめヒーターを設置していれば自動的に26度以下にはならないので、
未然に病気を防ぐ事が出来ます。

グッピーや熱帯魚は、低温により病気になる事が多いです。
posted by 熱帯魚グッピー at 01:32 | ヒーター | 更新情報をチェックする
  若ハゲ・若ハゲ発毛剤 私も発毛しました。お勧めです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。