2009年02月16日

通販

グッピーを、熱帯魚ネットショップなどの通販で買う場合について説明します。

インターネットの通販ショップよりも、最寄の熱帯魚店で直接見てよく観察してから購入するとよいです。

しかし、忙しくて買いに行けない場合や近くに熱帯魚ショップが無い場合は、ネット通販を利用すると便利です。

ただ、直接観察してから購入する場合と違い、病気にかかっていないかどうか。

グッピーが弱っていないか、ヒレやウロコに異常は無いかどうかが確認できません。
体調がわるそうな個体は購入を避けたいものです。

ネットショッピングの通販で熱帯魚を注文する場合は、このような点を注文コメントに書き加えておくと良いでしょう。

できれば、春や秋に利用してください。
温度が下がってしまい体調を崩してしまうことが多い冬場や、高温になる夏場は、できるだけ生体の通信販売を避けた方が良いです。

楽天の水槽ランキングで検索すると便利です。
posted by 熱帯魚グッピー at 22:31 | 通販 | 更新情報をチェックする
2009年02月07日

石巻貝

グッピー水槽に苔(コケ)が生えてきて困ったことはありませんか?

水槽のガラス面にコケが生えてきたら石巻貝を入れて混泳させることをお勧めします。

熱帯魚店で一匹100円ほどで販売しています。

グッピーはもともと汽水の熱帯魚で、塩分があった方が長生きします。

石巻貝も同様に汽水域に生息しています。
水槽に少量の塩を加えてください。

ぐっぴーはイシマキガイをつつく事はあっても食べることはありません。
貝と混泳の相性は良いです。

例外ですが、石巻貝が苔(こけ)が足りなくてお腹をすかせてしんでしまうことがあります。その場合はグッピーがつついて食べてしまうことがあります。
posted by 熱帯魚グッピー at 05:53 | 石巻貝 | 更新情報をチェックする
2009年02月04日

水換え

グッピーの水換えは、週に一度の目安で、水槽の1/3程度の水を換えてください。

水換えはとても需要です。
水槽の水はグッピーの排泄物や残り餌(エサ)などで、有害なアンモニアが増えていきます。

そのアンモニアを無害に近い硝酸塩に分解するのが、ろ過槽で繁殖しているろ過バクテリアの役目です。

ろ過バクテリアによる生物ろ過では、硝酸塩がたまっていきます。
無害に近い硝酸塩も、水槽にたまっていくと熱帯魚やグッピーに有害になります。
そこで水換えが必要となります。

まず、水槽の水を三分の一くらいの量を灯油ポンプでバケツにいれます。
(灯油ポンプは、灯油がついていない新品の物を熱帯魚用としてお使いください。)

あまり一度に多くの水換えをしてしまうと、水質が急変してしまうのでグッピーの健康にとってよくありません。

水道水を27度のぬるいくらいの温度に設定して、バケツにくみます。
水の中の塩素を取り除くハイポ(カルキ抜き)をいれます。

アクアセイフなど重金属を無害化するものも適量入れると良いです。
少し水をかき混ぜながら15分ほどたったら、水槽にゆっくり少しずつ入れ水換え完了です。
posted by 熱帯魚グッピー at 04:05 | 水換え | 更新情報をチェックする
  若ハゲ・若ハゲ発毛剤 私も発毛しました。お勧めです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。