2008年08月29日

ヒーター

ヒーターは、グッピーなどの熱帯魚飼育にとって必要な水槽用具です。

熱帯魚ショップでは、26度設定のオートヒーターが値段が安いです。
しかし、グッピーが白点病などの病気になった時には、29度に設定できないので、病気治療の時にオートヒーターは役に立ちません。

熱帯魚飼育をする上では、ダイヤル式のヒーターが良いです。
普段は26〜27度に設定しておき、グッピーや熱帯魚が病気になった時に、ゆっくりと時間をかけて温度を少しずつあげていき、29度に設定していきます。

グッピーを飼育する上でヒーターは必ず必要となってきますので、
熱帯魚店であらかじめ買って設置しておきましょう。

夏が終わる頃に気温とともに、急に水槽の水温ががくんと下がってしまう時があります。
そのような場合でも、あらかじめヒーターを設置していれば自動的に26度以下にはならないので、
未然に病気を防ぐ事が出来ます。

グッピーや熱帯魚は、低温により病気になる事が多いです。
posted by 熱帯魚グッピー at 01:32 | ヒーター | 更新情報をチェックする
2008年08月10日

オトシンクルス

オトシンクルスグッピー混泳に適した熱帯魚です。
オトシンクルスの性格はおとなしいためグッピーを食べてしまうことがありません。

オトシンクルスグッピー水槽内のガラス面に出現した苔(コケ)を食べてくれます。
オトシンクロスはグッピー混泳可能で、苔も食べてくれるので大変役立ちます。

苔だけだと、オトシンクルスはエサが足らずにお腹が減ってうえてしまいます。

キャットフード(肉食魚用エサ)やプレコフード(草食魚用エサ)や、沈下製の熱帯魚の餌やクリルを、一日1〜2回与えるとよいです。

この餌はグッピーも食べるので一石二鳥になります。
posted by 熱帯魚グッピー at 15:48 | オトシンクルス | 更新情報をチェックする
2008年08月02日

ネオンテトラ

ネオンテトラは、グッピーに混泳として適した熱帯魚です。
ネオンテトラの性格は比較的温厚で、グッピーと混泳できるタンクメイトです。

水質はグッピーと同じように管理して下さい。
グッピーは塩の入った汽水が適していますが、ネオンテトラも多少の塩分の水なら飼育に問題ありません。

水温は26度前後の温度を保ってください。

グッピーよりネオンテトラは素早いので、餌(エサ)をグッピーより先に食べてしまうかもしれませんが、
水槽を観察して、グッピーにもいきわたるように餌(エサ)をあげて下さい。

残餌は水が腐敗してしまうので、食べ残しが無いように注意してください。

ネオンテトラの魚体はグッピーより小さいので、グッピーを食べてしまうことがありません。
しかし、産まれたての小さなグッピーの稚魚は食べられてしまう可能性があるので注意してください。

その場合は、グッピーを産卵ケースや隔離ケースに移動させ稚魚を繁殖させるか
もしくは、グッピーの稚魚の隠れ家となるように、水草をたくさん植えて下さい。
posted by 熱帯魚グッピー at 10:25 | ネオンテトラ | 更新情報をチェックする
  若ハゲ・若ハゲ発毛剤 私も発毛しました。お勧めです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。